濁度計測定範囲・単位について

    弊社の濁度基準(水の濁り)を表す指標としてカオリン濁度標準とホルマジン濁度標準の2種類利用しております。

    @カオリン濁度標準(PM-501Nの測定範囲基準として利用)
      カオリン濁度標準とは、1Lの静水中に1mgのカオリンが含まれている時の濁りを濁度1
     又はml/g・ppm(parts per million )と表記することもあります)という。
    Aホルマジン濁度標準(RM1000の測定範囲基準として利用)
      JISに規定されたホルマジン溶液の事であり、単位はホルマジン度又はFTU(Forumajin
      Turbidity Unit)となります

戻る